Blogブログ

2012年12月29日

OSUMO塗布レクチャー

こんばんは。

清田区の新築現場。

フロアの塗装サンプルを確認。

今回も床はナラ無垢 幅150㎜です。

先日お引渡ししたH邸と同じ床材を選定です。

今回も、、、、一応色確認という事で悪天候の中メーカーの高井さん

登場。(いつもありがとうございます)

てことで塗装のレクチャー

とりあえずこんな感じで、、、、ぐにゃ ぐにゃ、、、、、と適当に。

ほんとう適当にです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、スポンジを使ってどんどん塗料を伸ばすわけです。ここまでは簡単そう!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

て感じで、、、、余計な塗料を伸ばしに伸ばして、、、

刷毛ムラを無くし、、、、(この辺が大変そうだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、、、オスモウッドワックス、ウォールナット(人気の色)で完成。

ナラの木目が完璧です!!!

(このあと乾燥ごクリア塗装、塗布が待ってます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回なぜ高井さんのレクチャーがあったかと言いますと。。。。。。

床塗装は施主様(大工さん)と、、、、、、私?の作業になりそうです。

年明けからがんばります。

2012年12月25日

役物

こんばんは。

札幌。寒いです。

現場は外装の役物を取り付けしています。

外装は二重の防水処理が終わり板金の役物。(コーナー材など)が

取り付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは窓が1階~2階と通る部分。

平板を貼りますが。下の窓上の水切りも兼ねて現場で加工しながらの

取り付けとなります。

 

 

 

 

 

 

 

役物(コーナー材)です。

現場ごと見出し寸法、加工方法などは変わりますので現場単位での打ち合わせで

役物が決まります。

こちらは今回軒天の羽目板との見切りに使う部材。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは窓の上以外の3方を加工役物部材。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは窓上の水切り。張ると窓枠から10mm程度出っ張ります。

これがミソ。で出幅が窓面(つら)だと水が窓ガラスに伝わり、、、、汚く汚れが

目立ちます。ですから現場では水切りを少し出すようにしております。

 

 

 

 

 

 

 

ガルバの外壁ってたくさんありますが、施工業者で仕上がりが全然違います。

また手間もかかる素材ですが職人さんが板金を折り紙のように加工して貼り付け

ていきます。そのあたりの自由性とカラー、意匠性、コストバランスを考えると

抜群の素材ですね。

2012年12月20日

外装下地工事

清田区新築現場

外装を施工する前に防水シートを施工しています。

この作業が終われば外装は板金工事が可能ですが、、、来週からでしょうか!

 

 

 

 

 

 

 

今日は青空の中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2Fリビング。採光も十分差し込みます。

 

 

 

 

 

 

 

リビングの開放感、明るさは大切ですね。

2012年12月18日

BIB

清田区 新築工事現場は壁の断熱工事が終わりました。

壁には吹き込みの断熱材が105㍉充填されています。

 

 

 

 

 

 

 

先にネットを張りその中に充填される断熱で細かな部分にも充填される

断熱材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンセント周りもきちんと充填されます。

2012年12月16日

ATAUS(アタウス)

手稲区の新築工事現場

暖房パネル。今回は電気パネルヒーターを採用しました。

 

 

 

 

 

 

 

200V直結ですので暖房用のセントラル配管、暖房用電気ボイラーは不要

となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズは各部屋のサイズで異なりますが厚さ50ミリ(取り付け金物含め70ミリ)

ですのですっきり収まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーはホワイトの他、ブラックもあります(少々割高です)

表面に多少のエンボス加工とクロスに合わせた模様が描かれています。

(真っ白という感じではありません)

 

 

 

 

 

 

 

操作もシンプルに温度調整だけです。

その分コストバランスも取れている商品だと思います。

詳しくは北海道電気株式会社のHP

1 / 3123