Blogブログ

2013年01月31日

ガルバが仕上がりました。

清田区新築現場

外壁 ガルバがようやく完成。

IMGP0175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かっこ良く。奇麗に収まったね。

ちなみにカラーは雪印GLカラー MC−411 ノアール

定番の人気カラー。

IMGP0203

2013年01月31日

再生される天板

こんばんは。

数日ぶりの更新です。

現場は着々と進んでいます。(少しずつ)

今日は天板。 取引先から分けて頂いた無垢材 実際購入すると1枚10万円単位の材料。

かなり反り帰っています左右で20ミリ前後でも20ミリ、、、、何とか現場で再生。

 

IMGP0103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小口を加工し
IMGP0099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反り部分を電動カンナをかけていきます。

変色した表面材が削られて本来の木の表情が出てきます。

IMGP0106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の耳もついていましたので丁寧に研磨。この辺りが ”本物の無垢” の表情がでます。

IMGP0127

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒削りもようやく終わりカンナがけ。現場では本当カンナがけ見なくなったな〜。

最近は若い大工さんの方が上手に使いこなしている様に思える。

IMGP0119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンダーをかけます。木目がきれいにでています。

IMGP0129

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い表情です。

IMGP0123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑ってしまう程のビフォア&アフターだ! ご苦労様。

IMGP0114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして翌日 書斎パソコンカウンターとして再生。

オスモカラーで塗装も完成。

IMGP0141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉庫で眠っていた天板も再生されました。

何年経っても木の良さがわかります。

 

IMGP0142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年01月25日

工事中の気密測定

 清田区の新築現場。

当初から気密施工には気を使いながらの施工でした。

本来なら工事完成後に気密測定をしますが今回は特別メーカーさんの協力も頂き

工事中の気密測定をしてみました。(隙間相当面積 C値)

IMGP0147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工中ボードを施工する前ですのでどこから空気が流れ込んでくるのかわかります。

建物に圧損をかけていくと空気が引っ張られ天井の気密フィルムがふくれあがるのがわかります。

 

IMGP0151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回中間測定で隙間相当面積0.6㎝/㎠ という数値がでました。

途中での測定でどこから空気が流れているのかも大体検討がつきました。

完成後の再気密測定も楽しみです。

IMGP0153

 

 

2013年01月24日

薪ストーブ

昨日、昨年お引き渡したH様宅へ。
数回お邪魔しましたが、いつもこちらの前で座らせて頂きます。
こんな感じです。                                       

揺らめく炎が時が経つのをしばし忘れさせてくれます。

IMGP0097


















暖かい薪ストーブです。

皆様もいかがでしょう。

IMGP0098

2013年01月23日

端材で。

清田区の現場です。

内部の下地も造作開始です。

先日床が無事張り終りました。フロアなど建材は半坪、または1坪単位での

材料納品のため多少ロスが出ます。

余れば余材でゴミ箱行きですが、、、、今回はこんな感じに。

三角の玄関土間。入り口前にニッチを

IMGP0076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床に張った無垢フロアーを一枚壁に。端材が上手く活用できました。

これを合板などの安っすぽいフロアでやると×デス

IMGP0080

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 3123