Blogブログ

2013年02月22日

今日は

今日は昨年お引き渡しのH様邸にて来月発売の住宅雑誌の取材です。

フォトグラファーの酒井広司さんによる撮影も行われました。

雪景色の中、、、、

愛車の屋根に駆け上がり

IMGP0285

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪山をかきわけ

IMGP0297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年02月18日

納まり

こんにちは

久々の更新です。

新築現場は内部造作工事に進んでいます。

こちらは「戸当たり」部分

引き戸の返し部分の枠になります。

白のポリ板を50ミリ程度で貼り両サイドをアルミで押さえます。

この後ボードを貼りおさめれば壁クロスとの取り合いも良くなり

引き戸が当たっても傷つかず、シンプルに収まる仕上げになります。

(この写真では分からないと思いますので完成したら再度UPします)

IMGP0180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは窓の納まり

大きな窓を付けたあとのカーテンの問題。

いつも収まりに苦労します。 今回は窓を外側部分にふかして

内側の窓上に空間を作りその空間にロールスクリーンを埋め込むように

してみました。多分奇麗に収まりそうです。

IMGP0212

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱型もシナ材を貼り、両サイド、上をアルミ材で加工、

クロスとの取り合いも奇麗になるようにしています。

完成すると柱正面だけシナの面材が見えるようになります。

IMGP0215

 

 

 

 

 

 

 

2013年02月12日

階段

ご無沙汰しています。

現場進捗です。

そろそろ階段を造りましょう。ということで、、、、、

カラマツ階段を造作中。

IMGP0228

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も1段1段手作りです。

IMGP0229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは愛犬『ルーク』の隠れ家になるようです。

IMGP0230

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装すると良くなりますよ。

IMGP0224

2013年02月05日

カウンター

清田区の現場は造作カウンターなど取り付けられています。

先日の無垢カウンターに続きこちらも無垢材を加工しての洗面カウンターです。

木のカウンターを水回りに?

というご意見もあるかと思いますが天板は集成材では無く無垢材という点。

集成だと接合部に水が浸透して積層から割れる心配があります。

無垢だとその心配も少ないのではという考えです。

もう一つは塗装をオイルステインではなくオスモカラー(自然塗料)を採用しています。

オイルステインだと何層も塗装を重ね仕上げます。数年すると水がつく部分がはがれ、

めくれ等の心配があります。オスモだと木に塗料が浸透し、メンテナンス(再塗装)時

自分でも簡単に塗布できます。これは塗装屋のプロが塗布したものではなく施主さん

自ら塗布したものです。コツさえつかめば塗布しやすい塗料なのです。

IMGP0192

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

こちらも以前紹介したTVボード

IMGP0159

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工、取り付け、塗装、全ての工程が大工さん工事。なかなかデキマセン。

IMGP0162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁の飾り棚も、、、同じです。

IMGP0166

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは食器収納内部のカウンター

IMGP0178