Blogブログ

2013年09月30日

東区新築現場 杭工事

東区 新築現場

こちらは地盤が悪い地域の為杭工事が行われました。

IMGP5350

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは5mの杭ですが今回は2本繋ぎとなります。

IMGP5290

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは5m杭を機械で引き上げます。

IMGP5299

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境界ギリギリです

IMGP5307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打設位置にドリルで掘削していきます。

粘土質?のようです。

IMGP5310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掘削後レベルを確認しながら1本目打設します。

IMGP5314

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はこれを使います。

IMGP5293

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの杭頭に接続して

IMGP5320

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち継ぎます。

IMGP5322

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目 打設

IMGP5319

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

基礎ベース下端まで

IMGP5330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打設します。

IMGP5332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを36箇所、計72本打ちます。

IMGP5336

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年09月29日

センノキ

先日いいフロアが手に入った。

北海道産のセンノキ

15㎜乱尺。板幅90㎜

A品です。

いつも取引している建材屋からいいフロア入荷したけど?って連絡あり

サンプルみて即、仮発注!!!

IMGP5203

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原板、、奇麗でしょう。無節です。

無塗装板ですが今回もオスモカラーで調色して色をオーダーします。

これから施工する東区邸宅で当初決めていたフロアから急遽これに変更。(一目惚れしますよね)

 

IMGP5205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無垢フロアは中国産が主流で道産は貴重品です。

自邸もこちらの建材屋から数年前に道産ナラを入れましたがこれもかなりいいフロアでした。

既製フロアでなく在庫もない商品です。

いつ出るかわからない本当に、、建材屋とのタイミングです。

当社で来年施工のお客様でこんなの出たら教えて欲しいという方はお知らせしますので

今から早めに声をかけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年09月28日

造り手が見える造作建具

美園新築現場

こちらはいつも造作家具や建具を制作している所。

ドア一枚から制作してもらえます。

社長一人と腕のよい職人さん数名で数多くの造作を手がけている小さな町工場です。

 

奥にいる職人さんは先日の鳴子をモチーフにしたフックを制作してくれた職人さん

美園の新築現場の建具関係は全てここで造られます。

IMGP5224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建具に溝を彫り込んでいきます。

IMGP5225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、、、、、。

溝の位置も表示錠が付く建具の場合、袋戸になる場合の引手の位置等はドアそれぞれで

位置が違います。

建具高さも玄関土間に付く建具はH2.5mになり10㎝のアルミプレートが付くがそれも既に

制作済み。

そんなのも小さい工場だから当たり前のように融通が効く。

これが建材メーカーだと生産ラインから外れるので特注で納期2〜3週間とかの返答!!

たま〜にメーカー側が間違え納期が間に合わないと大至急制作して航空便で飛ばし

10日ぐらいで納品されることもあるんです。

やればできるんじゃない!??って

 

IMGP5239

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき、、こちらは引手がきちんと納まるように調整します。

IMGP5219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シナの建具につや消しブラックの引手。

後日ウレタン塗装でシナが見違えるようになります

作り手の見える仕事は楽しいですね

IMGP5220

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大量生産のシートモノでは無くお客様と詳細を打ち合わせして造る造作

見積もり上ですと既製の何倍もしますがあくまでも机上の話です。

(予算上メリハリを付けてコストダウンも必要ですが)

既製にはないオリジナル性やデザイン性、質感、満足感、価格以上のものがあります。

 

考える側は楽しく、造る側は頭を悩まし、途中何度か工場へ出向き

詳細の打ち合わせをし途中良いアイディアが出れば変更も多々あり。

既製概念を取り除き考え出来あがるモノづくりは楽しい。

実際自分が打ち合わせしたり

出来上がる工程を見ていてもニヤニヤしてしまう。

少しの手間ひまでお客様が喜んでくれる。

そうすると良い家が出来る。

 

どうだ、大手住宅メーカーさん、建材メーカーさん達!!

こんな事をやりたくても出来ないでしょう。

予算、工期、原価、利益、棟数を追求し、万人受けし、

可もなく不可もない建材ばかり売っていると

手間ひま掛けれない家が増えていく。

現代の家の大半がモノ売りの家になっている、、、。

ちょっと残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年09月27日

東区の家

次の新築現場 着工です。

札幌市東区に新たに邸宅を建築します。

今年の1月から土地購入の打ち合わせ〜設計〜詳細打ち合わせ〜申請等も終わり

いよいよ着工です。

 

今回の建物は札幌市次世代住宅の性能評価基準をクリアした仕様です。

補助金申請を行い住宅性能値Q値1.3以下 (今回は1.22)

隙間相当面積目標値0.7以下 ベーシックレベルの等級です。

昨年は札幌市の抽選がありましたが今年は無抽選で応募者全棟 当確

のようでした。実際申請した中で書類の準備、その他性能表記、役所との

やりとり含め時間と手間がかかり多分昨年の建築業者さんがあまりユーザー

に告知しなかったのが無抽選になったのか?物件が多く着工が間に合わないのか?

は不明ですが、、。どちらにしても申し込み〜審査〜承認まで時間が掛かるのも

原因なのではと思います。

ユーザー側としては補助金が出て性能もよく役所からもお墨付き住宅の評価を頂ける

のは大きなメリットかと思います。

 

そういう事でまず現場は杭打に備えて遣り方出しから。

IMGP5207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遣り方は基礎を作る位置を確定させます。

基礎はいつもお願いしている鈴木さんです。

今回もよろしくおねがいします。

IMGP5209

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杭を打設する位置を決めていきます。

IMGP5211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧水道メーター上にピンポイント、、、、、杭位置が当たります、、、。

急遽移動しなければ。(手配済み)

明日からは杭打です。

IMGP5215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年09月26日

雑誌掲載されました

雑誌に掲載されました。

9月25日発売 すまいの提案、北海道。

巻頭特集は逆境の家。

IMGP5184

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年引き渡した旗竿地に建てた家です。

確かに旗竿地で逆境の土地でした。

ですが、、、、、、、

こんなに素敵になりました。

IMGP5199

1 / 512345