Blogブログ

2016年10月31日

福井の家 窓枠工事

福井の家 新築工事

こちらの現場は大開口窓の下地工事が進んでいます。

1階リビングから2階吹き抜け部 傾斜なりの窓が付く開口部です。

今回は躯体構造の柱はこのまま表しとなります。

img_5603

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに先日加工した仕上げ材をさらに現場加工して

躯体柱に取付けていきます。

 

img_5608

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、、。固定して

img_5615

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外断熱用のロングビスを使い躯体まで留めます

img_5618

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずこんな感じです。

img_5621

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングから庭〜窓方向を眺める、、、。

庭の木々の紅葉が、、、今の段段階で、、既に奇麗です。

多分、、かなり素敵なリビングになりそうですね!

img_5623

 

 

 

 

2016年10月30日

福井の家 ナナメのカーポート

福井の家 

こちらの進捗状況は外部 カーポート工事が進んでいます。

建物右側がカーポート部分になります。

img_5454

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーポートは建物に付随して一体化しています。

屋根を本体と違う勾配屋根にしてカーポート天井も屋根なりに

ナナメにしています。

仕上げは木毛板を貼っています。

img_5581

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木毛板を施工した所です。

当初このまま仕上げの予定でしたが先日お客様と色々

現場で話して、、ここから一工夫する予定です。

ちょっとアクセント部材を付けようかと思いますが

その辺りは後日!

img_5586

 

 

2016年10月28日

無垢材 ブビンガの木

無垢材です。

ブビンガの無垢材をある銘木店さんのから購入する事が出来まして、、、。

 

img_5090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚さは40㎜ 幅は使える部分として400㎜前後です。

実際銘木店やネット販売で購入すると1枚ウン万円!!は下りません。(多分5万以上)

img_5565

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚さ90㎜のも何本かあります。(これも現在の現場でこれから加工して使うのですが)

img_5293

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は福井の家 F様にも立ち会いで木材を選定してもらい早速加工を開始。

img_5566

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの機械で40㎜の厚さを飾り棚用に薄く加工していきます。

大体20回位機械通すと、、、。

img_5569

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予定していた20㎜まで落とし飾り棚用に加工しました。

この後テーブルやTV台、各種カウンター等に加工していく予定ですので

出来次第ブログにUPしていきます。

赤身の強い材料ですが濃いめの着色をするとウォルナット材のような感じにも

なります。

 

こちらの無垢材を使いたい方、、、

使用条件はHSでお住まいを新築頂けるお客様限定です。(材料のみの販売は致しておりません)

使用枚数にもよりますが先着あと4〜5邸分位だと思いますので気になる方は先にご連絡下さいませ。

(※これから着工予定の手稲区のK様邸分、西区のK様邸分、手稲区のM様邸分は確保済みです)

 

img_5576

 

 

 

 

 

 

2016年10月27日

川沿の家 内部塗り壁

川沿の家 新築工事

こちらでは仕上げの最終工事、内部左官工事が行われました。

事前にサンプルを作成して確認してもらってますが

再度現場で仕上げイメージを作り確認中。

左側がお施主様。

img_5498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは玄関前の左官から

玄関前は一番小さいコテを使い1本つつ模様を付けていきます。

img_5504

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面積は一部ですが細い間隔なのでかなり時間もかかります

img_5536

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数時間後微調整かけながら完成。

無垢カウンターと塗り壁の素材感が良いですね

img_5542

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間接照明があたり陰影も出ています。

img_5544

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続きリビング

先に下塗りを済ませます。

img_5493

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはローラーで仕上げていきます。

img_5511

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローラーはこんな感じ。これで模様を表していきます。

img_5496

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_5514

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンセント廻り、、凹凸があるとコンセントプレートが浮きますので

img_5524

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ほどコンセントは付いた時キチンと隙間なく納まる様に

平に均してもらいます。

img_5539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも無垢カウンターとの相性もいい感じです。

お施主様のお子さんも来てもらい記念の手型を。

img_5530

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成〜っ!

まだ乾いてませんが乾くともっと素材感がいい感じになると思います。

最後にこの壁に暖房パネルとコンセントプレートを付けて完成です。

img_5534

 

2016年10月25日

福井の家 屋根断熱下地

福井の家 新築工事

現場の方は勾配屋根の断熱下地工事が進んでいます。

ツーバイ材で屋根下地を作ります。

屋根下側から光が差しんでいますがそこが壁通気の入り口となり屋根の

通気を通して小屋裏に通気を逃がす工事です。

img_5311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勾配屋根に使うのが防湿と遮熱効果のある

タイベックシルバーを今回は採用してます。

 

img_5309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根垂木部分10㎝の所に胴ブチを付けてその空間に

タイベックを貼り通気を確保します。

img_5323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタットの間に施工するのでタイベックは事前にカットしておき1枚ずつ

スタット間に施工します。

img_5319

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この空間が通気部分となります。シートは屋根面にシルバー面を向空気に触れさせる事で

夏の日射熱をシートでブロックする役目があります。(メーカー指針-8度の効果)

また冬は室内の放熱を抑える効果もあります。

 

img_5349

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、タッカーで10㎝ピッチで留めて行きます。

img_5402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと見えにくいですがタイベックシルバーを施工しました。

その後天井下地を組んでこの隙間に断熱材が後日吹き込まれます。

img_5404

 

1 / 41234