Blogブログ

2019年07月29日

東区の家 ガルバリュム鋼板外壁工事

東区の家 ガルバリュム鋼板を施工

今回も幅300の縦平を1種類で張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も綺麗に施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通のガルバリゥム鋼板の材料。

ここまでは普通の鋼板ですが、、。

ある工夫で綺麗に施工可能です。(これ以上は言えません、、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏口のはねだし屋根がオーナー様から「薄っぺらい」とのご指摘で、、汗、、汗、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏に木下地で目透かし仕上げ

板金を貼り少し厚さを見せるようにしました。

屋根はスチールの亜鉛メッキ仕上げ

裏面はガルバ 素地仕上げです。

注文住宅なので色々やることあります。というか色々できますので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年07月26日

東区の家 新築住宅 フローリング工事

東区の家 現場では先に2階のフローリングを施工中です。

今回は2階合板の上に捨て貼りベニアを施工。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その上から例のアレを貼ります。

一応、、、乱尺 幅120ミリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げはオスモカラー2回塗装仕上げ。

乱尺なので継ぎ目も不規則にバラバラで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の無垢?フローリング?もいい感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボンドを塗って、、、貼り合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タッカーで留めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無垢っぽい。シートフロアより全然いいですね。

この辺りが注文住宅の楽しいところです。

 

 

 

 

 

2019年07月22日

東区の家 内部工事

東区の家 内部工事

現場では大工さんが内部下地工事を進めています。

天井下地を作っています。(奥の方で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは2階気密と下地が終わったところ

、、、窓上にカキコミがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この窓にもカキコミ

これは現場で先週打ち合わせして窓の上のロールスクリーンを

埋め込みたとのとの要望で下地加工したところです。

現場を直接見ないとわからないところで全部を全ての説明もできないので

オーナー様にも毎週足を運んでもらい現場確認しながら進めています。

そうするとギリギリになっての変更や完成後のやり直しが少なくなり完成度も

満足度も上がります。(勿論コストも上がりますが、、。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの配線が出ている部分はシーリングファンがつきます。

こちらも事前に器具が決まっているので下地もガッチリ入るので

重いシーリングファンも取り付け可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの天井下地は少し変則的に入ってますが

この隙間にダウンライトが入ります。

これも事前に取り付け位置が決まってると下地がぶつからず

ライトを収められます。

 

 

色々な取り合いや収まりの関係もありますが、この部分的にみず

全体的に他の部分も含めてイメージを沸かせられるので

これから建築のご予定の方は現場にはなるべく来ていただけると良いかと思います。

 

この辺りの面白さが企画住宅にはない注文住宅の面白さなのでは?

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年07月18日

東区の家 ユニットバス

東区の家 新築工事

現場では気密工事が引き続き進んでいます。

2階の天井の気密シート施工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバスも施工組み立てされました。

パナソニックのリフォムスというユニットです。

ワイドタイプで柱間ギリギリのサイズで一般的なユニット

に比べると5センチ程度内寸法が大きいタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部は極力シンプルにされたようで。

照明、カラン、タオル掛け、浴槽手すり、シャワーだけで

他のカウンター、ミラー、フック類は付けてません。

http://meltdown720.com/category

そのあたりはオーナー様のブログに記載があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年07月16日

東区の家 断熱工事

東区の家 内部断熱工事

壁断熱状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁面に吹き込み断熱材施工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱完了後壁面の気密シートを施工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212