Blogブログ

2013年01月31日

再生される天板

こんばんは。

数日ぶりの更新です。

現場は着々と進んでいます。(少しずつ)

今日は天板。 取引先から分けて頂いた無垢材 実際購入すると1枚10万円単位の材料。

かなり反り帰っています左右で20ミリ前後でも20ミリ、、、、何とか現場で再生。

 

IMGP0103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小口を加工し
IMGP0099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反り部分を電動カンナをかけていきます。

変色した表面材が削られて本来の木の表情が出てきます。

IMGP0106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の耳もついていましたので丁寧に研磨。この辺りが ”本物の無垢” の表情がでます。

IMGP0127

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒削りもようやく終わりカンナがけ。現場では本当カンナがけ見なくなったな〜。

最近は若い大工さんの方が上手に使いこなしている様に思える。

IMGP0119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンダーをかけます。木目がきれいにでています。

IMGP0129

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い表情です。

IMGP0123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑ってしまう程のビフォア&アフターだ! ご苦労様。

IMGP0114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして翌日 書斎パソコンカウンターとして再生。

オスモカラーで塗装も完成。

IMGP0141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉庫で眠っていた天板も再生されました。

何年経っても木の良さがわかります。

 

IMGP0142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です