Blogブログ

2014年09月18日

南区の家

南区の家 新築工事

こちらは基礎打設が行われました。

IMGP1308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP1300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎打設後再度天端のレベルをレーザーを使い高低差を計測し天端に記しを付けます。

IMGP1311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、天端上の釘がレベル高低差です。(見えるかな?)

2、天端レベル数十センチ間隔でポイントに釘でマーキングして

3、レベラーを流します。

 

IMGP1316

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マークした釘までレベラーを流せば基礎天端レベルは、、、計算上は±0となりますが、、。

実際は多少前後がありますが、、、今回誤差±2ミリ程度目標です。

IMGP1317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レベルだしに2〜3時間有にかかりましたが、、、大事な基礎ですので。

IMGP1333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です