Blogブログ

2014年10月01日

南区の家

南区の家 新築工事

躯体組み上げが終わり窓位置も確定して外装下地まで進んでいます。

IMGP1532

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階寝室より

いい眺め〜

IMGP1539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階書斎

こちらもいい眺め〜

IMGP1544

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その書斎からは河川が眺められます。

いい眺め〜

IMGP1554

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回も木製ドア

同じ羽目板ですが材によって表情の濃淡があり木材の良い表情が出ました。

いい感じです。

 

表面の材は木材を腐りにくいように燻煙した状態の木材です。

そのため最初から濃いめの羽目板になりそれに色をカラーリングすると

どうしてもドアが濃い色になるのでその点をお客様がとても気にしていたので

今回はちょっと特殊な方法でなるべく色を薄く、燻煙した素地の色を出し保護材塗料を

塗布した仕上げです。それが逆に良い木目の表情が出たと思います。

IMGP1557

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP1574

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内面は1階の無垢床材と同じ色で仕上げています。

IMGP1581

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい感じという言葉しが出ませんが

実物を見て頂くとわかりますが本当、いい感じのドアです。

IMGP1583

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です