Blogブログ

2012年11月12日

床断熱~気密工事

手稲区新築現場

今日は床断熱工事です。

1階床に断熱材を入れています。

既に30㎜SF+100㎜GW、その上に50㎜GWが敷設されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが2層目50㎜GWです。50㎜でもしっかりとした密度があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

躯体の筋交いなど細かな部材が入る部分にもGWを切って敷設します。

 

 

 

 

 

 

 

その上に床の気密シートを床全体に敷設します。

 

 

 

 

 

 

 

床の立ち上がり部分の配管廻りなど気密の途切れる部分は気密テープ処理されます。

 

 

 

 

 

 

 

柱廻りもテープ処理。これで床からの気密が確保でき床からの冷気を遮断します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です