Blogブログ

2016年03月16日

東区の家 新築工事

東区の家 新築工事

昨年から打ち合わせしてました東区の家 工事開始です。

まずは地盤改良から。

改良工事も施工法としては何種類かありますが地盤状況

土地の高低差(機械搬入経路)支持層の深さ等、その地盤に

最適な工法で地盤改良します。

今回の現場は札幌市東区内 地盤調査の結果砕石杭を採用。

掘削は4m 32本の砕石杭を打設します。

IMG_0475

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは掘削となります。400πの掘削

 

 

 

IMG_0478

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粘土質の土砂が出てきます。このように4mの掘削が

繰り返されます。

IMG_0464

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1カ所掘削が終わると同時に砕石を投入

IMG_0497

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砕石を投入してドリルで転圧していきます。

 

 

IMG_0503

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地盤面まで砕石を入れます

IMG_0481

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転圧完了。こんな感じで砕石杭は施工されます。

砕石杭の場合はコンクリート杭のような杭頭カット、その処理費

が不要。支持層が浅い場合には有効でコストダウンになる工法となります。

また、地盤状況等で施工不可の場合もありますので土地購入の際は

事前にお調べ致しますのでお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です