Blogブログ

2013年07月30日

美園 排熱再利用RH

美園新築現場

こちらは換気工事を行っています。

換気は1種、3種等ありますが今回は3種換気+排熱利用したロードヒーティングの

機械換気です。

左側の白いボックスは通常の3種換気の本体。

通常はこのまま排気熱を外部に排出しますが今回はその排熱を利用します。

IMGP3529

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこの右側の機械で排熱を熱回収します。

例えば室内が20度の室温に設定すると12度で熱回収します。

通常1種だとその排熱を室内に戻し再度熱交換するのですが

今回はその排熱を不凍液に熱伝導させ外部のロードヒーティングの熱源にします。

そのため外部のヒーティングの熱源の電気代、灯油代等基本的なランニングコストは0円

という事になります。(不凍液を循環させるポンプの電気代だけかかります)

札幌でも冬期間フル稼働させると1ヶ月3〜4万程度電気代がかかるヒーティング。

ですがこのシステムだとポンプ可動電気代(5000円程度)でヒーティングが可能となります。

融雪能力としては通常と違い12度程度の温水ですので一気に融雪はできませんが

常に12度前後で地表温度がありますのでゆっくり融雪します。

電気代を気にせず24時間フル稼働出来ますのでヒーティングを検討される場合はおすすめです。

IMGP3550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は約40㎡分のヒーティングを行います。融雪も1回路3㎡程度ですので14回路程に

なります。通常だと2〜3回路で済みますが低温温水の為その回路数になります。

これからこのようなエコタイプのヒーティングは増えて行くと思います。

排熱を利用しますので建物の性能もある程度(Q値)必要ですので検討したい方は

ご相談ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です