Blogブログ

2013年02月05日

カウンター

清田区の現場は造作カウンターなど取り付けられています。

先日の無垢カウンターに続きこちらも無垢材を加工しての洗面カウンターです。

木のカウンターを水回りに?

というご意見もあるかと思いますが天板は集成材では無く無垢材という点。

集成だと接合部に水が浸透して積層から割れる心配があります。

無垢だとその心配も少ないのではという考えです。

もう一つは塗装をオイルステインではなくオスモカラー(自然塗料)を採用しています。

オイルステインだと何層も塗装を重ね仕上げます。数年すると水がつく部分がはがれ、

めくれ等の心配があります。オスモだと木に塗料が浸透し、メンテナンス(再塗装)時

自分でも簡単に塗布できます。これは塗装屋のプロが塗布したものではなく施主さん

自ら塗布したものです。コツさえつかめば塗布しやすい塗料なのです。

IMGP0192

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

こちらも以前紹介したTVボード

IMGP0159

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工、取り付け、塗装、全ての工程が大工さん工事。なかなかデキマセン。

IMGP0162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁の飾り棚も、、、同じです。

IMGP0166

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは食器収納内部のカウンター

IMGP0178

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です