Blogブログ

2019年11月15日

清田区 真栄の家 新築工事

清田区 真栄の家 新築工事

こちらも本日から基礎工事開始です、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は基礎 根ボリ〜砕石入れまでです。

明日から配筋工事に進みます。

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月13日

清田の家 床施工

清田の家 新築工事

現場では1階フロアが施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の東区の現場と同じナラ無垢90mm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乱尺ですので横目地もバラバラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓下は埋め込み暖房が入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい感じのクリア仕上げです。

 

 

 

1

 

2019年11月11日

小樽の家 新築工事

小樽の家 新築工事

今日現場では、、色々な工事が進みました。

作り付け造作家具の搬入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは食器棚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き出しや炊飯器スペースや収納やごみスペースなど、、

御要望をまとめて製作しています。

今回のは、、L型の部分に製作していたり一部浮いてたり

結構大変な取り付けでこれでもほぼ1日工程です、、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは奥側の貯蔵スペース?です。

(レバーは後日でつけます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんが開けてる裏の穴から外気を入れて冬季間の

貯蔵スペースを確保する仕組みです。

(大工さんじっくり見てますが作ったのは建具屋さんです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

養生だけ大工さんです。右側も棚がつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイニング収納〜食品庫全体

ここにポリカの建具が入り全て隠れるようになります。

冷蔵庫もこの中に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スチール手すりも取り付け完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も?ビタッ!!と決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁も縦平+小波でようやく6割程度貼り終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁は、、、まだ、終わりません

 

2019年11月08日

清田区の家 新築工事

清田区の家 新築工事

現場では2階間仕切り 床工事が終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階リビングスペース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁のガルバ鋼板もようやく施工開始です、、。

 

 

2019年11月06日

小樽の家 新築工事

小樽の家

現場では階段工事が進んでいます。

ちょっと細かい細工などありあまり詳細をお見せできませんが手すり以外できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成写真を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ちょくちょく他社さんの建築図面を見る機会があるのですが

ローコスト住宅は階段の段数が少ない。その分蹴上も高くなる。

階段の踊場がない周り階段など、、、毎日使うところなので

もう少しゆったり設計してあげればいいのに、、、?と思う

家がいっぱいありました、、。企画住宅の宿命なのでしょうけど。

踊場大判1枚に窓をつけると階段からの転落の危険も少なくなりますし

階段も広く見えるし。この方が良いと思うのですが、、、。

 

 

 

 

1 / 14212345...102030...最後 »